Event is FINISHED

日本の人財のグローバル競争力の強化に必要なこと_HR Café 2018

Description
1970年代、日本の高度経済成長を支えた先進国の新技術を輸入、
改良してきた「キャッチアップ型」の政策と諸制度。
これは同調圧力や忖度(そんたく)を生み、私たちの意識のより深くまで浸透、
成功を果たしてきました。

しかしながら、グローバルな社会で存在感を持ち、個性を発揮、より豊かな人生を
楽しむには、この枠組みが私たちの大きな足かせになっているのではないでしょうか。

この変化に必要なのは、一人ひとりの「圧倒的な学び」と「自分で決める」ということ。
そして、会社、社会の支援が不可欠だと考えます。

産学官で活躍するユニークなスピーカーの方々と参加者のみなさまで、
この難題の解決策を探求し、次の行動へつなげていく場をつくりたいと思っております。

みなさまの「HR Café 2018」へのご参加をお待ちしております。

※お申込後のキャンセルは受付しておりませんのでご注意ください。
(ご都合の悪い場合は代理の方がご出席ください)

15:30- 日本の人財のグローバル競争力の強化に必要なこと
日本企業の人財のグローバル化が進むなか、重要なポジションが日本人以外で
埋め尽くされる。グローバル人財の供給不足を鑑みると、この可能性は否定できない
のが現実 ではないでしょうか。日本の人財のグローバル競争力の強化の課題と対策に
ついて、みなさんとともに考えていきます

橘・フクシマ・咲江氏(G&S Global Advisors Inc. 代表取締役社長)
森本 千賀子氏(株式会社morich 代表取締役)
船橋力氏(文部科学省 官民協働海外留学創出プロジェクト プロジェクト ディレクター)
鈴木 雅則氏(ビー・エム・ダブリュー株式会社 人事部 ディレクター)

17:00- 日本からリスペクトされるビジネスパーソンを生むには
まじめさ、輪を大切にする、強いコミットメントといった日本人の圧倒的な強み。
しかしながら「戦略的発想ができない」「決めない日本人」と評されることもあります。
日本の強みを活かし、グローバルで尊敬されるビジネスパーソンのあり方について、
みなさんととも に考えます。

塩野 誠氏(株式会社 経営共創基盤 パートナー 取締役マネージングディレクター)
山口 周氏(コーン・フェリー・ヘイグループ シニア・クライアント・パートナー)

18:30- グローバルで成果を出すために会社が支援できること
日本で能力を発揮していた人が海外でも成果を出すためには、どのような学びと
行動が必要なのでしょうか。
アメリカ、ヨーロッパ、香港、中国と、海外で働いた経験を持つビジネスパーソンから、
私たち日本人のひとり一人が取り組むこと、支援が必要なものについて、
みなさんと一緒に考えていきます。

馬場 竜介氏(PwC Japan合同会社 人事部ディレクター)
田中 憲一氏(サントリーホールディングス株式会社 グローバル人事部 部長)
鈴木 雅則氏(ビー・エム・ダブリュー株式会社 人事部 ディレクター)

20:00- ワークアズライフ ~型にはまらない多種多様なワークスタイル~
キャリア、ワークライフバランスという古い枠組みから、
落合さんが提唱する「ワークアズラ イフ」という時代の到来。
【自分のビジョンやミッション】を持ち、仕事も学びも趣味という境のない
主体的な働き方をする価値観とはどのようなものなのでしょうか。
自分で考え、主体的に生きることについて、みなさんとともに考えます。

志水 静香氏(ランスタッド株式会社 取締役最高人材活用責任者)
佐藤 留美氏(NewsPicks編集部副編集長)
仁禮 彩香さん(株式会社Hand-C 代表取締役社長)
今野 浩一郎氏(学習院大学名誉教授)

※詳細は以下のURLをご覧ください。
http://www.jshrm.org/jisyuken/gaiyou/hr-cafe

協賛:Windows女子部×JSHRM

企画・運営 椎野磨美 武田行子

チケットを入手してイベントに参加しよう!
Mon Jul 30, 2018
3:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
1DAY_軽食付 SOLD OUT ¥6,000
Venue Address
港区 西新橋2-3-1 マークライト虎ノ門9F Japan
Organizer
HR Café 2018 日本の未来は明るいか 企業価値の創造
183 Followers